手術以外のバストアップ法を集めてみました。

バストアップ講座

バストを手術しないで大きくする方法とは?

 

まずは、自分のバストの状態を知って、それぞれに合ったマッサージや
エクササイズを行うのがベストです。
バストアップは、一朝一夕で効果が出るわけではありません。
日々の正しいケアが大切です。
バストはいわば脂肪のかたまりですから、食べ物や、女性ホルモンの分泌など
色々な要素が重なって バストアップできるものです。
<img src=

 

食事

まず食事ですが、かたよった食事や急激なダイエットはバストアップの大敵です。
バストの周りの脂肪は、お腹や脚の脂肪と違って『乳腺』の発達につれて増えていきます。
乳腺組織と脂肪の割合は1:9ですから、乳腺が発達してるともちろん脂肪の量も増えます。
ただし、脂肪を摂取するということではないのですが、バストの素になる「タンパク質」を
しっかり摂取する必要があります。
良質のタンパク質・ビタミン・酵素などバランスのよい食事は美乳 バストアップには
必要です!
ストレスもバストアップの大敵なのでストレスない生活・食生活が大事です。
梨、ぶどう、りんご、桃など果物類。ピーナツや大豆などの豆類。
とろろ昆布、わかめ、ひじき、昆布等の海草類。キャベツ、ハチミツ、レーズン、乳製品類も
バストアップには不可欠です。
牛乳・ヨーグルト・チーズなど。ただしチーズはナチュラルチーズにしてください。
プロセスチーズでもよいのですがプロセスチーズはカロリーが高いので要注意です。
イソフラボンを含む大豆食品はバストアップに欠かせない食材です。
大豆、納豆、豆腐、枝豆そして味噌などの豆製品に多く含む。
以上の食品をバランスよく摂りましょう。

 

マッサージ

<img src=
次に女性ホルモンを分泌させ、バストアップさせるだけでなく、形の良いバスト、
美乳にし、尚且つ胸が垂れてきてしまった人にも効果のある、形を良くしながら
バストアップさせる方法をご紹介します。
乳腺を発達させると大きくなるというのは、本当です。
その方法は3つのバストのボを刺激したというとてもシンプルな方法です。
それでは、3つのツボを紹介します。
1つ目は、副乳と呼ばれるバストの下乳の部分です。そこを親指、小指、中指で
ソフトタッチで刺激して、よく揉みます。
2つ目のツボは、胸と鎖骨のちょうど中間くらいにある乳腺を刺激します。
ここもソフトタッチで、円を描くように揉みます。
そして最後の3つ目のツボは、ちょっと説明しずらいのですが、片方のバストを
乳首を中心に 縦と横に割り、4分割しその右胸なら右上の外側の部分、左胸なら、
左上の外側の部分をソフトタッチで揉みます。
これを、約30日間続けてみると、効果があらわれてきます。 (個人差あり)
これはAカップの人でもHカップの人でも誰でも効果的です。
40代の方でも、胸が大きくてもたれてきてしまった人にも大変効果的です。

 

 

バストアップエクササイズ

 

<img src=
フロアー・ダンベル・フライ
@ダンベルを両手に持ち、両腕を開いてあお向け寝転がります。
Aゆっくりと腕を開閉し、胸の筋肉を鍛えるエクササイズ
B息を吐きながら、ダンベルを持った両腕を弧を描きながら上げます。
C床と垂直に伸ばし胸の前で合わせます。
※ひざは曲げて腰への負担を避けましょう。
ダンベルを持った手は床につけないようにしましょう。
背中や腰部が浮かないよう、しっかりと床につけましょう。
腕をしっかり伸ばし、普段あまり使わない上腕筋に力を入れましょう 。
胸の筋肉を鍛えることで、張りが出て形がよくなるのでバストがたれぎみの
人には効果的です。

 

センター・プッシュ・アップ・ダウン
@座った姿勢で、背筋をしっかり伸ばしましょう。
A身体の正面で両手を合わせて、両肘を垂直に上げます。
B胸の中心を意識して左右の手に力を込めて押し合います。
C力を込めて押し合いながら、体の正面で肘を近づけてください。
(合わせている手のひらを上下させる感じです。)
※大きく息を吸い込んで、力を入れるたびに少しずつ息を吐き出します。
目線は真正面に向けて、伸ばした背筋をキープです。
胸を張り、左右の手にグッと力を入れる際、胸や二の腕を意識しましょう!

 

タオル回し
バストアップに欠かせない、大胸筋のエクササイズとして効果的な方法です。
@ 左右の手で、タオルの両端をつかんで、腕をまっすぐ下に伸ばす。
Aその状態のまま、両手を前に出します。
B万歳をするように腕を上にあげます。
C後ろに回してください。
D後ろに行ったら、逆の動きで、腕を前に回してください。
これを何度か繰り返す事で、大胸筋が鍛えられ、バストアップが期待できます。

バストアップ講座記事一覧

バストアップを妨げる悪習慣

ダイエット乳腺などを発達させるためにはダイエットのしすぎは禁物です。ダイエットをすると胸から痩せていくと言われるのは、土台である大胸筋が痩せてしまい、支えきれなくなるので、胸が垂れてしまいます。極度のダイエットは、視床下部のホルモン中枢にダメージを与え、月経や排卵を起こすホルモンエストロゲンの分泌指...

≫続きを読む

ダイエットで胸から痩せる人の注意点

「ダイエットして痩せたい・・・」「でも、胸は大きくしたい・・・」バストアップの弊害になりやすいのがダイエットですよね。ダイエットしながら、バストアップ・バストケアを成功させるには?何故、胸から痩せるのか?ダイエットをすると脂肪ではなく、まず筋肉から落ちていきます。胸の土台は大胸筋です。その大胸筋が減...

≫続きを読む

バストアップに役立つ“知識”と“仕組み”

バストアップと言っても、方法は様々です。“リンパマッサージ”“大胸筋エクササイズ”“乳腺マッサージ”などなど・・・まずは、ご自身のバストの状態に合ったマッサージやエクササイズを行うのがベストです。そこで、バストアップに深く関連する“知識”と“仕組み”を説明していきます。【乳腺組織】乳腺とは、乳汁を分...

≫続きを読む

美乳に重要なクーパー靭帯

クーパー靭帯とはバストの中にある、弾力性のあるコラーゲンの繊維束のことでバストを吊って垂れないようにしている大事な器官です。バストを胸筋につなぎ、ささえます。胸筋の上にのった乳腺のふくらみを支えて、バストの形を保つ働きを担っています。クーパー靭帯は、揺すると切れます。切れたら元に戻りません。(バスト...

≫続きを読む

乳首をピンク色にする方法

今すぐ、バストトップをピンクにしたい!乳首の黒ずみを気にしている女性は少なくありません。場所が場所だけに、他人に相談しにくい面があるため、人によっては悩みが深刻です。乳首が黒ずんでいる理由として肌の新陳代謝が悪くなっていくと古い角質細胞が、そのまま肌に残ってしまうため、皮膚が黒ずんで見えます。また皮...

≫続きを読む

女性ホルモンとバストアップの関係

女性ホルモンとは、性ホルモンの中で女性の性腺に大きな影響を及ぼすホルモンのことです。「フェロモン」とは全く別のものです。女性ホルモンは女性らしい容姿にしたり、妊娠や出産など、女性としての機能を充実させたりする作用を主に行っています。胸の大小を決める乳腺組織の発達状態が成長期と呼ばれる14歳から16歳...

≫続きを読む

バストアップを成功させるために一番意識しなければならないこと

あなたは、バストアップを成功させるために一番意識しなければならないことは、何だと思いますか?多くの人は、胸に脂肪や筋肉をつけることを考えますが、実は、その直接的な考えが逆に遠回りになってしまっていたりします。確かに、その考えは正しいことですが、本当はもっと強く意識しなければならないことがあるのです。...

≫続きを読む

産後のバストアップ

妊娠、出産、授乳中、卒乳後と、バストは産前産後に大きな役割をはたして見た目も大きく変化をします。授乳を終えたバストは、女性ホルモンの分泌が抑えられ、急速にバストのボリュームやハリが失われてしまいます。ただし、きちんとバストケアをしてあげることでバストを回復させることができるので、放置せずにきちんとケ...

≫続きを読む

女性ホルモンを活発にする方法

”女性ホルモン”は女性らしい体を作るのには欠かせない、とても重要なものです。もちろん、バストアップにも欠かせません。では、一体どのような役割があるのか。女性ホルモンは排卵や月経、妊娠、出産の女性の生殖機能に関わっていて、卵胞ホルモンと黄体ホルモンがあります。卵胞ホルモン -エストロゲン-排卵の準備を...

≫続きを読む

バストアップに効果的な睡眠方法

寝ながらバストアップバストアップしたい、美しいバストを手に入れたい、という気持ちを抱えながら、色々な方法でバストアップに取り組んでいると思います。胸を大きく美しくするには、すでにお話しした生活習慣の改善やバランスの良い食事も大切ですが、睡眠が非常に重要な働きをします。睡眠は、疲労した体や内臓などの組...

≫続きを読む

猫背を直すだけでバストアップ!?

私の友人に、とても姿勢が良い女性がいます。彼女の話では、どうやらBカップらしいのですが、見た目から判断すると、とてもBカップには思えません。もっと大きいバストサイズだと思ってしまいます。姿勢が良いのは、弓道をしているからだそうですが、真っ直ぐな背筋にバストアップの秘密がありそうです。ところで、猫背は...

≫続きを読む

バストアップするための体を整える

バストアップする時にはバストの土台である体本体を整えなければ、上手にバストアップすることができません。毎日バストアップマッサージやバストアップに効く食材を摂取しているのに、なかなか効果が出ないという方のほとんどがバストアップに適した体作りを行っていないためです。バストアップマッサージやバストアップに...

≫続きを読む

女性を綺麗にする女性ホルモン

バストアップに欠かす事が出来ない女性ホルモンは女性らしさを作るだけではなく美を作る救世主でもあるのです。若い時には何もしなくても肌から光が放出され、若いという事そのものが、美しさの表れでもあったのですが、歳を重ねるにつれて肌が光を放つこともなくなり、髪の毛もどこか元気がなく、重力に負けてバストだけで...

≫続きを読む

体調が悪い時のバストケア

バストアップのためのマッサージや食生活、生活習慣は継続しなければ意味がないと言われていますが、体調が悪い時はどうすれば良いか悩んでおられる方も多いかもしれませんね。健康的な体を作るバストアップの為の行為が、かえって病状を悪化させてしまう可能性もありますから、無理せずゆっくり休むことが先決です。今回は...

≫続きを読む

バストアップと成長痛

バストアップマッサージなどを続けていると、どこかバストが張ったような痛みが走り、不安に思われる方も多いかもしれませんね。それが一般的に言われる「成長痛」と言われるもので、月経前に感じる胸の張りに似た痛みではないでしょうか?バストの成長痛は乳腺が張っている証拠で、女性ホルモンによってバストアップが上手...

≫続きを読む

バストだけを大きくするには?

バストアップをしたからと言って、他の部分が太ってしまうのは、そもそもバストアップをする意味を無くしてしまいますよね。バストアップには食生活の改善が急務ですが、バスト以外の部分に脂肪がついてしまうと新陳代謝が落ちてしまい、血行不良になってしまいます。バスト以外の部分を上手くシェイプアップをして、バスト...

≫続きを読む

デスクワークの人のバストアップ

バストアップを行っている方は仕事中もバストアップの時間にしてみませんか?1日の3分の1を仕事だけに使ってしまうには、とても勿体ないですし、仕事中の習慣が意外にバストアップが出来ない原因になってしまう可能性が高いのです。デスクワークでも出来るバストアップの簡単エクササイズをご紹介致しますので、毎日のオ...

≫続きを読む

立ち仕事の人のバストアップ

都心部などはデスクワークだけではなく、商業施設などで立ち仕事に従事しておられる方も多いかもしれませんね。立ち仕事の場合、血液や体内の水分が下に溜まってしまうためバストアップにも良くない環境になってしまいます。また、ランチ時間も一般的なランチ時間を避けて取ることが多いため食生活が乱れてしまう原因になっ...

≫続きを読む

バストアップと姿勢@

日常生活の中で、簡単に取り入れられるバストアップの方法をご紹介します。それは姿勢を正すことです。姿勢が悪い人は意外に多く見かけますよね。歩いているときは意識しているかもしれませんが、パソコンなどの仕事をしているときは、ついつい前かがみの姿勢がおおくなるのではないでしょうか。姿勢が悪いと血流が悪くなり...

≫続きを読む

バストアップと姿勢A

もう少し大きくなってくれたらな・・・。もうワンカップ上がってくれたらな・・・。なんて思っている人は実は多いかもしれません。ただ胸なんて、成長が止まった今となっては大きくなるわけない、と諦めているのではないでしょうか?確かに10代で成長期が大体終わり、胸についてもここから、さらに大きくするとなると、ち...

≫続きを読む

生理不順とバストアップ@

生理不順の方は、バストに対してコンプレックスを持っている方も多いようです。なぜでしょうか?実はこの二つには相関性があります。どちらも、女性ホルモンの分泌が少ない事が、原因の一つと考えられることです。(*もちろん他の原因も多々あります。原因の一つととらえてください。しかし、非常に大きな要因です)なんら...

≫続きを読む

生理不順とバストアップA

多くの女性が自分のバストの大きさにコンプレックスを抱いているようです。バストの大きさは勿論女性ホルモンと密接に関係しています。女の子は思春期にはいり、大体早くて10歳位から13、14歳位にかけて生理が始まります。生理が始まると女性ホルモンの働きが活発になり、胸が大きくなる準備を始めます。女性ホルモン...

≫続きを読む

肩こりとバストアップの関係@

肩こりはバストアップの大敵です!バストアップに大切な事は、女性ホルモンで乳腺を刺激すること、そして、栄養を十分にバストに届ける事です。しかし、肩こりはこの二つを妨げます。肩こりというのは、血流の流れが悪くなって起こる現象です。つまり、肩がこっている方は、上半身の血流が悪くなっているのです。血流が悪い...

≫続きを読む

肩こりとバストアップの関係A

働く女性に肩こりはつき物、と言っていいくらい肩こりに悩まされている女性は多いですよね。仕事で忙しい時などは、スポーツジムにもいけず、ゆっくりヨガやストレッチを楽しむ時間もありません。肩こりがひどくなって、頭痛までしてきたら緊急でマッサージに飛び込む!!こんな人は少なくないと思います。肩こりは姿勢にも...

≫続きを読む

綺麗な谷間を作るには@

綺麗な胸の谷間は女性の憧れですよね。さほど大きさはなくても、胸の谷間がきれいだとすごくセクシーです。とはいえ、胸が小さいからと谷間を諦めている方はいませんか?実は!胸が小さくてもきれいな谷間をつくることは可能です。もちろん、大きい方がつくりやすいです。でも、Eカップの巨乳の方でも、きれいな谷間になら...

≫続きを読む

綺麗な谷間を作るにはA

デコルテ部分がきれいに見えると、女性として魅力的に見えます。そんなに大きなバストでなくとも、胸元を美しくみせることは可能です。胸の谷間を作るためには、大きさではなく、ハリと胸の位置が重要なポイントです。まずバストケアについてですが、バストの大きさは当然のことですが、女性ホルモンに大きく左右されます。...

≫続きを読む

女性ホルモンの働き@

女性ホルモンを活性化すると、美容にいい、バストアップするなどいいことづくりの話が飛び交っていますね。でも、女性ホルモンってなんなんでしょうか?女性ホルモンは卵巣から出されるホルモンで、月経や妊娠を司っている、まさに女性ならではの大切なホルモンです。女性ホルモンは、エストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲ...

≫続きを読む

女性ホルモンの働きA

バストアップには女性ホルモンが不可欠です。女性ホルモンが活発に分泌されるようになると、女性は胸が育成され、生理が来るようになります。生理不順だという人は、女性ホルモンの分泌が少なかったり、バランスが乱れている可能性があります。女性ホルモンの乱れは、ストレス、睡眠不足などが原因となることもあれば、病気...

≫続きを読む

女性ホルモンをアップさせるには@

つやつやスベスベのお肌や、キラキラの髪、張りのあるバストなど女性の美をアップするために欠かせない女性ホルモンその女性ホルモンの分泌を活性化させるための方法を、まとめてご紹介しますね。方法は色々あるので、ご自分にあったやり方を試してみて下さい。まず、体を冷やさないこと!冷えは女性ホルモンのバランスを乱...

≫続きを読む

女性ホルモンをアップさせるにはA

女性ホルモンの分泌を促す方法はあるのでしょうか?十分な睡眠、バランスの取れた食事は勿論ですが、それ以外に何か方法はあるのでしょうか?例えばサプリメントで簡単にイソフラボンは見つけることができると思いますので、サプリメントの摂取でも手軽でいいですね。また、女性ホルモンの元をつくるのはたんぱく質です。な...

≫続きを読む

どこからが巨乳?@

巨乳好きの男性って、やっぱり少なからずいますよね。でも、どこからが巨乳なのでしょうか?様々な意見がありますが、概ねEカップ以上が巨乳というようです。CカップやDカップはバストが美しく、しかも適度なボリュームをもっていて、見ている分にはバランスがいいサイズと言えるでしょう。しかし、巨乳という言葉には、...

≫続きを読む

どこからが巨乳?A

巨乳の定義というのがまた難しいもので、どこから?と聞かれても明確に答えられる人はいないのではないでしょうか。ただ言えることは、胸が大きいと判断あれる重要な数字はトップとアンダーのサイズの差だということです。下着で判断するとカップ数が重要ということですね。ただ、この数値にしても何カップからが巨乳という...

≫続きを読む

バストアップの限界は?@

本当のところ、バストって何歳くらいまで成長するのでしょうか?イメージとしては、第二次性徴の頃に胸がふくらんで、それが一つの基準。あとは努力次第でアップできるけど、若いうちがベストといった感じでしょうか。実は、理論上でははっきりした限界はないようですね。とはいえ、50代や60代でバストアップするのは難...

≫続きを読む

バストアップの限界は?A

バストアップに日頃励んで、なんとかサイズを上げることができたり、出産後の授乳後もなんとか同じサイズのブラジャーを維持することができたり・・・バストアップの努力には終わりがないような気がします。そんな中、仕事で忙しかったり、育児のためなかなか時間がとれなかったりする人も少なくないのではないでしょうか?...

≫続きを読む

バストアップと睡眠不足@

バストアップにとって、睡眠不足は大敵です!バストは寝ている間につくられます。規則正しい睡眠が、バストアップには欠かせません。では、なぜ睡眠不足がバストアップを妨げるのでしょうか。それは、バストアップに必要な女性ホルモンは夜につくられるからです。女性ホルモンの分泌が活発な時間帯は、夜の12時〜午前3時...

≫続きを読む

バストアップと睡眠不足A

バストアップのために色々やっているのに効果がなかなか現れない。マッサージも毎日やっているし、筋トレもしているのに・・・と悩んでいる人がいたら、一度自分の生活習慣を見直してみてください。健全な状態でない体は、なかなか反応してくれません。これは、お肌についてもそうですし、胸も例外ではありません。睡眠はし...

≫続きを読む

クビレとバストの黄金比@

バストとウエストの黄金比についての話題は、いつもすたれる事がありません。好みの問題だとはいえ、様々な計算がされてこれが決定的な黄金比だというものが示されています。定番の黄金比とは10:7と言われています。なんと、ダイナミックボディの代表と思われるマリリン・モンローも、スレンダーの代表とされるオードリ...

≫続きを読む

クビレとバストの黄金比A

やっぱり、クビレとバストというと浮かんでくるのは峰不二子ですね。きゅっと引きしかったウエストと大きな胸。彼女のサイズはバスト99.9センチ、ウエスト55.5センチ、ヒップ88.8センチだそうです。しかしウエスト50センチ代というのは、今やあまり重要ではなくってきています。女性だけではなく、男性も理想...

≫続きを読む

痩せている人のバストアップ@

バストだけではなく体全体がガリガリで食べても太れないと言う体質の方もバストアップに励んでいる方の中には多いのではないでしょうか?痩せ型の方の場合、サプリメントなどを使用することが多いようですが体に脂肪をつけられない状態でサプリメントを使用しても、あまり効果は期待できません。そもそも、食べても太らない...

≫続きを読む

痩せている人のバストアップA

食べても太れないという体質の方は普通体型の方と同じバストアップではなかなか同じような結果を出す事ができません。そもそも、なぜ食べても太らないのでしょうか?中には病的な原因があって食べても太れ無いという人もいるようですが食べても太らないという人の多くは実際には普通の人よりも食事の量が少ないという場合が...

≫続きを読む

体脂肪とバストアップの関係

体脂肪と聞くと、少なければ少ない方がよいような気がしますが、バストアップを望んでいる人にとっては少ないと問題なんです。胸の90%は脂肪なんです。そのため例えばサラダばかり食べるダイエットをした場合、燃焼するための十分な脂肪分がないため、体の脂肪が多い部分から燃焼させていきます。その結果、体重は減った...

≫続きを読む

オススメするバストアップ方法しないバストアップ方法

豊胸手術確実にすぐ胸が大きくなる方法といえますが自分の脂肪やヒアルロン酸を注入したりシリコンなどの異物を埋め込んだりと身体的負担や高額費用、最悪には後遺症が残る可能性があります。やはりこの方法は最終手段としておいた方が懸命です。まず自分の状態に合った方法を見つけていくことが重要です。全くサイズがない...

≫続きを読む

バストアップが三日坊主で続かない・・・飽きずに続けていく対処法は?

続かない 三日坊主のバストアップから抜け出す今まで沢山のバストアップ法を試してみたが3日坊主で続かない方への動画です。まずご自身の眠っている潜在意識に働きかけることから始まることで3日坊主を脱却するようです。なぜ、バストアップできないのだろう…?「今日から毎日頑張ってバストアップするぞ!」と決心して...

≫続きを読む