バストアップは正しい知識を身につけて実践しましょう。

バストアップに役立つ“知識”と“仕組み”

バストアップと言っても、方法は様々です。
“リンパマッサージ”
“大胸筋エクササイズ”
“乳腺マッサージ”などなど・・・
まずは、ご自身のバストの状態に合ったマッサージやエクササイズを行うのがベストです。
そこで、バストアップに深く関連する“知識”と“仕組み”を説明していきます。

【乳腺組織】
乳腺とは、乳汁を分泌し、触るとコリコリした堅い器官。
乳汁を作る乳腺葉と乳汁が流れていく乳管からなっています。
バストの大きさは乳腺の発達具合が決め手になります。
乳腺を発達させるには、女性ホルモンを充分に分泌させることです。
乳腺組織と脂肪の割合は1:9。

【脂肪】
乳腺を守るための脂肪組織。
バストのやわらかさ、丸み、ハリを決める重要な役割を果たしています。
バストの大小を決める要素です。
脂肪の量は乳腺の発達にともなって増えていきます。
脂肪細胞の数は、お腹の中にいる時から1 歳になる頃までが激的に増えていき、
それから思春期まで少しずつ増え続けます。
脂肪細胞は、成長期まで増えると、その後は細胞そのものが大きくなると
言われていました。
しかし、近頃は大人になっても少しずつ増えることがわかっています。
一度増えた脂肪細胞の数は、減ることはないそうです。

【大胸筋】
バストの重みを支えているバストの上の薄い皮と胸の筋肉で、
胸全体の肉付きを保ちます。
乳腺、脂肪組織を下から支える役目を果たしています。
この大胸筋の発達が豊かなバストを作る鍵となります。

【胸郭】
背骨、あばら骨、胸骨、肋骨で囲まれた部分で、バストの土台として重要な骨組みです。
背骨が曲がったり等、胸郭のバランスが崩れるとバストの左右のバランスにも影響が
出ます。

【筋肉と皮膚】
バストの土台となっているのが筋肉です。
そしてすべてを包み込んでいる皮膚1 枚に覆われています。
バストそのものが大きくならなくても、筋肉を鍛えることで土台を持ち上げれば
大きく見せることができます。
しかし、いくら筋肉を鍛えても皮膚が伸びた状態だと垂れてしまいます。
皮膚にハリを持たせるように、マッサージやケアをしていきましょう。

以上のことがバストアップに不可欠な組織です。
この中から、自分に足りない部分を補うような感じで、日々のエクササイズなどに
取り入れていくと効果的だと思います。

バストアップに役立つ“知識”と“仕組み”関連ページ

バストアップを妨げる悪習慣
ここではバストアップの弊害になる行為やマイナス面をお話しさせて頂きます。
ダイエットで胸から痩せる人の注意点
バストアップしながらダイエットに挑戦する方に是非知ってもらいたい注意点です。
美乳に重要なクーパー靭帯
美乳に重要なクーパー靭帯の説明です。 クーパー靭帯とはバストの中にある、弾力性の あるコラーゲンの繊維束のことでバストを吊って 垂れないようにしている大事な器官です。
乳首をピンク色にする方法
乳首をピンク色にする方法をご紹介しています。
女性ホルモンとバストアップの関係
女性ホルモンとバストアップの関係ですが、その女性ホルモンの分泌が減っていくとバストが小さくなるようです。
バストアップを成功させるために一番意識しなければならないこと
バストアップとは手術以外は効果がすぐ出るわけでなく日々の正しいケアが大切となります。 バストはいわば脂肪のかたまりですから、食べ物、女性ホルモンの分泌など色々な要素が重なって バストアップできるものです。ここではいくつかの方法を記載しておきました。
産後のバストアップ
バストアップとは手術以外は効果がすぐ出るわけでなく日々の正しいケアが大切となります。 バストはいわば脂肪のかたまりですから、食べ物、女性ホルモンの分泌など色々な要素が重なって バストアップできるものです。ここではいくつかの方法を記載しておきました。
女性ホルモンを活発にする方法
バストアップとは手術以外は効果がすぐ出るわけでなく日々の正しいケアが大切となります。 バストはいわば脂肪のかたまりですから、食べ物、女性ホルモンの分泌など色々な要素が重なって バストアップできるものです。ここではいくつかの方法を記載しておきました。
バストアップに効果的な睡眠方法
バストアップとは手術以外は効果がすぐ出るわけでなく日々の正しいケアが大切となります。 バストはいわば脂肪のかたまりですから、食べ物、女性ホルモンの分泌など色々な要素が重なって バストアップできるものです。ここではいくつかの方法を記載しておきました。
猫背を直すだけでバストアップ!?
バストアップとは手術以外は効果がすぐ出るわけでなく日々の正しいケアが大切となります。 バストはいわば脂肪のかたまりですから、食べ物、女性ホルモンの分泌など色々な要素が重なって バストアップできるものです。ここではいくつかの方法を記載しておきました。
バストアップするための体を整える
体を整えていなければ、毎日のバストアップマッサージやバストアップに効く食材が無駄になってしまう場合もありますから、体を整えながらバストアップに励みましょう。
女性を綺麗にする女性ホルモン
バストアップに欠かす事が出来ない女性ホルモンは女性らしさを作るだけではなく美を作る救世主でもあるのです。
体調が悪い時のバストケア
今回は病状を悪化させてしまう可能性のあるバストアップの為の行為についてご紹介します。
バストアップと成長痛
バストの成長痛は乳腺が張っている証拠で、女性ホルモンによってバストアップが上手く出来ている証でもあるのです。
バストだけを大きくするには?
バスト以外の部分を上手くシェイプアップをして、バストアップをするためにはバストアップの基本であるバストアップマッサージです。
デスクワークの人のバストアップ
バストアップを行っている方は仕事中もバストアップの時間にしてみませんか?
立ち仕事の人のバストアップ
今回はバストアップには環境が悪い立ち仕事の方のバストアップ術をご紹介致します。
バストアップと姿勢@
日常生活の中で、簡単に取り入れられるバストアップの方法をご紹介します。それは<姿勢を正すことです。
バストアップと姿勢A
姿勢は胸だけではなく、背中、腰、オシリなどあらゆる場所に影響を及ぼします。できるだけ日常生活の中で、姿勢を気にするようにしてみてください。
生理不順とバストアップ@
生理不順の方は、バストに対してコンプレックスを持っている方も多いようです。なぜでしょうか?実はこの二つには相関性があります。どちらも、女性ホルモンの分泌が少ない事が、原因の一つと考えられることです。
生理不順とバストアップA
生理不順の原因としてあげられるのが、ストレス、栄養バランス、ダイエット、睡眠不足などです。過度のストレスがかかると自律神経の働きが鈍くなります。
肩こりとバストアップの関係@
肩こりはバストアップの大敵です!バストアップに大切な事は、女性ホルモンで乳腺を刺激すること、そして、栄養を十分にバストに届ける事です。
肩こりとバストアップの関係A
肩こりとバストアップは密接に関係しています。肩がこっている、ということは肩周辺の血行が悪いということです。これでは血管を通りして運ばれる栄養分や女性ホルモンが隅々まで行き渡りません。これらの栄養分や女性ホルモンが乳腺を刺激し、バストアップや豊胸に繋がるのです。
綺麗な谷間を作るには@
胸が小さくてもきれいな谷間をつくることは可能です。谷間は、胸の大きさと言うより、ブラと胸の適切な関係で作られます。
綺麗な谷間を作るにはA
胸の谷間を作るためには、大きさではなく、ハリと胸の位置が重要なポイントです。まずバストケアについてですが、バストの大きさは当然のことですが、女性ホルモンに大きく左右されます。
女性ホルモンの働き@
女性ホルモンは卵巣から出されるホルモンで、月経や妊娠を司っている、まさに女性ならではの大切なホルモンです。
女性ホルモンの働きA
バストアップには女性ホルモンが不可欠です。女性ホルモンが活発に分泌されるようになると、女性は胸が育成され、生理が来るようになります。
女性ホルモンをアップさせるには@
女性の美をアップするために欠かせない女性ホルモン。その女性ホルモンの分泌を活性化させるための方法を、まとめてご紹介します。
女性ホルモンをアップさせるにはA
胸の育成に大きくかかわっているのが女性ホルモンです。女性ホルモンには卵巣ホルモン(エストロゲン)と黄体ホルモン(プロゲステロン)の2種類があり、 卵巣ホルモンは体の発育、黄体ホルモンは子宮の収縮などを促す役割を果たしています。
どこからが巨乳?@
巨乳好きの男性って、やっぱり少なからずいます。でも、どこからが巨乳なのでしょうか?様々な意見がありますが、概ねEカップ以上が巨乳というようです。
どこからが巨乳?A
巨乳の定義というのがまた難しいもので、どこから? と聞かれても明確に答えられる人はいないのではないでしょうか。ただ言えることは、胸が大きいと判断あれる重要な数字はトップとアンダーのサイズの差だということです。
バストアップの限界は?@
バストって何歳くらいまで成長するのでしょうか?実は、理論上でははっきりした限界はないようです。 まずは、本当に納得できる、理論のしっかりした方法を探す事が第一です。
バストアップの限界は?A
バストアップの限界があるかどうかは分かりませんが、金銭的、エネルギー的に限界があるのは事実です。一番よいのはあまりストレスをためないで、その時その時できることをやっていく、ということです。
バストアップと睡眠不足@
バストアップにとって、睡眠不足は大敵です!バストは寝ている間につくられます。規則正しい睡眠が、バストアップには欠かせません。
バストアップと睡眠不足A
睡眠はしっかり取れていますか?バストアップとはあまり関係ないように見えても睡眠は健康のバロメーターです。
クビレとバストの黄金比@
バストとウエストの定番の黄金比とは10:7と言われています。黄金比に近づきたいなら、バストアップも大切だけど、ウエストを絞る事にも重点を置いた方がよさそうです。
クビレとバストの黄金比A
クビレとバストの黄金比率は10対7です。この数字を目指してバストアップに励むのも良いかもしれません。
痩せている人のバストアップ@
バストだけではなく体全体がガリガリで食べても太れないと言う体質の方もバストアップに励んでいる方の中には多いのではないでしょうか?
痩せている人のバストアップA
食べても太れないという体質の方は普通体型の方と同じバストアップではなかなか同じような結果を出す事ができません。
体脂肪とバストアップの関係
体脂肪と聞くと、少なければ少ない方がよいような気がしますが、バストアップを望んでいる人にとっては少ないと問題なんです。
オススメするバストアップ方法しないバストアップ方法
バストアップとは手術以外は効果がすぐ出るわけでなく日々の正しいケアが大切となります。 バストはいわば脂肪のかたまりですから、食べ物、女性ホルモンの分泌など色々な要素が重なって バストアップできるものです。ここではいくつかの方法を記載しておきました。