バストアップにいい食べ物はどんなもの?

バストアップに良い食品

<img src=

バストアップに良い食品

バストアップには当然日頃のバストマッサージ
などのバストケアは欠かせません。
しかし、どれだけ丁寧なバストケアをしても、
『栄養』『運動』『休養』のバランスが
とれていなければ、その効果は半減します。
偏った食事や急激なダイエットはバストアップの
大敵ですし、逆にいっぱい食べたからといっても、
バストアップに直結するわけではありません。

 

美しいバストを作るなら、バストアップに役立つ食品を意識して取り入れてみましょう。

 

タンパク質
バストに脂肪をつけるに最も必要な栄養は、なんといってもタンパク質です。
タンパク質は、血液や筋肉を作り、女性ホルモンの働きを促進し豊かなバストを作ります。
植物性タンパク質・動物性タンパク質の両方のタンパク質を積極的に摂りましょう。
痩せている人は、植物性タンパク質と動物性タンパク質の両方をバランスよく摂りましょう。
太るのが気になる人は、動物性タンパク質を摂取する割合を少し減らし、植物性たんぱく質を
しっかりと摂取することをおすすめします。

タンパク質を豊富に含む食品

【動物性食品】チーズ、ヨーグルト、牛乳、お肉全般、お魚全般、卵
【植物性食品】豆乳、豆腐、納豆、枝豆などの豆製品

 

ビタミンA
ビタミンAは、皮膚や粘膜の働きを正常に保ち、バストの皮膚に張りとツヤを出してくれます。
ビタミンAには、動物性食品に含まれるレチノールと、緑黄色野菜に含まれていて体内で
ビタミンAに変わるβカロチンがあります。
ただし、動物性のレチノールの方は、摂りすぎると頭痛・吐き気などの副作用が
出ることがあり、妊娠中や妊娠前にビタミンAを摂りすぎると「脳や心臓に先天性異常の
ある子供を産む危険性が高くなる」ことがあるので注意が必要です。
でも、植物性のβカロチンの方は大丈夫です。
βカロチンは、体内にはいると必要な分だけビタミンAとして働いて、残りはβカロチンの
ままで体内に残ってくれるので安心して摂ることができます。

ビタミンAを豊富に含む食品

【動物性食品】レバー(鶏、牛、豚)、バター、卵黄、うなぎ
【植物性食品】トウモロコシ、カボチャ、大豆、ほうれん草、人参、トマト

 

ビタミンB1
ビタミンB1は、ごはん・パン・砂糖などの糖質を分解する酵素を助け、糖質をエネルギーに
かえてくれます。
糖質をエネルギーに変えることで、身体全体の血行を良くし、バストの発育も促進します。

ビタミンB1を豊富に含む食品

【動物性食品】豚肉、うなぎ
【植物性食品】ごま、青のり、落花生、大豆製品、栗、ごはん、まいたけ

 

ビタミンB2
ビタミンB2は、体の中のほとんどの栄養素の代謝に関係し、特に脂肪の燃焼に
深く関わっています。
ビタミンB2が不足すると、脂肪がスムーズに代謝されにくくなりますので、脂っこい
食品を食べる時にはビタミンB2 を多めに取るように心がけましょう。
バストアップに関しても、ビタミンB2は皮膚や粘膜を健康に保ち、細胞の再生を
助けてくれるので、バストの発育に必要なビタミンです。

ビタミンB2を豊富に含む食品

【動物性食品】レバー、うなぎ、すじこ、卵、かれい、牛乳
【植物性食品】ほうれん草、人参、枝豆、海苔、パセリ、ひじき、わかめ、アーモンド、
まいたけ

 

ビタミンE
ビタミンEは、女性ホルモンの働きを整えて張りのあるバストを作り出します。
また、ビタミンEは、毛細血管を拡張して血液の流れをスムーズにし、肩こりや冷え、のぼせ、
しもやけなどの症状を軽くする働きももっています。
血行が良くなることによって、神経や筋肉組織への酸素や栄養素の供給量がアップし、
バストアップにも役立ちます。

ビタミンEを豊富に含む食品

【動物性食品】すじこ、たらこ
【植物性食品】長ネギ、ニラ、ニンニク、緑茶、落花生、カボチャ、ほうれん草
食事はなんといってもバランスが大切です!
毎日のことですので、意識して取り入れるといいでしょう。

 

<img src=


バストアップに良い食品記事一覧

バストアップに効く8つの栄養素

バストアップのために、体を動かしたり、刺激を与えたりすることも、もちろん必要です。・マッサージ・ストレッチ・筋力トレーニングなどなど、検索するとたくさんの方法が出てきますよね。しかし、ただ単にこれらの方法を実践しただけでは思うような効果は得られません。これらにより効果を持たせるために必要になってくる...

≫続きを読む

激辛料理とバストアップ

絶対にバストアップをしたい!何が何でもバストを大きくしたい!という方は、食事に関してもいろいろ気をつけているかと思います。バストアップにいい食事、悪い食事……、色々と情報が流れていますね。その中で、激辛料理はバストアップを妨げるという説があります。真偽のほどはいかが程でしょうか?激辛料理がバストアッ...

≫続きを読む

カフェインとバストアップ@

コーヒーやお茶を飲んでくつろぐひと時は、一日のうちでもホッと一息つける大切な時間ですよね。でも! 実はカフェインの摂り過ぎはバストアップの妨げになるってご存知ですか?カフェインがバストアップによくない理由は大きく2つあります。1つは、カフェインが睡眠を妨げる事。飲む時間にもよると思いますが、特に夜飲...

≫続きを読む

カフェインとバストアップA

バストアップは今日やった成果が明日現れるわけではないので、時間を掛けて丁寧に辛抱強く続ける必要があります。たとえ成果が明確に見えても、それを維持する努力を続けないといけないので、終わりの無い戦いなのです。いまの自分胸に満足している人でも、加齢による体の変化には逆らえません。胸が柔らかくなり、下垂しや...

≫続きを読む

アルコールとバストアップ@

バストアップのために頑張っている時は、ご褒美にちょっとアルコールも欲しくなるかもしれませんね。でも、バストアップ時にアルコールはあまりよくありません。なぜなら、バストアップをしようと試みているときには、女性ホルモンの分泌をよくしようと頑張っています。バストアップには欠かせない女性ホルモンですが、肝臓...

≫続きを読む

アルコールとバストアップA

バストアップの努力をするにあたって、体内に入れる食品には注意が必要です。食べる飲むといった生活習慣をバストアップ用に少し改善するだけで、効果が見えてくることもあります。飲食は毎日のことなので、ある程度自分でルールを作り、それを実践していくのが良いと思います。バストアップに良くないとされているのは『炭...

≫続きを読む

甘いものとバストアップ@

甘いものがバストアップによくないと言われています。甘いものは女性ホルモンの分泌を妨げるからだと言われていますが、真偽のほどははっきりとわかりません。ただ、白砂糖は体を冷やす働きがあります。冷えは血行を悪くするのでバストアップの敵です。また、卵巣の働きが悪くなるので、女性ホルモンの分泌にも影響が出ると...

≫続きを読む

甘いものとバストアップA

バストアップするためには、バランスの良い食事で女性ホルモンの分泌を促し、十分な睡眠で成長ホルモンの分泌を促します。女性ホルモンの分泌を助ける食べ物でも、そればかりとっていてはバランスが悪く、体の調子がおかしくなってしまいます。全体的にバランスよく食べるのは、バストアップに限ったことではなく、体調を良...

≫続きを読む

バストアップ料理のレシピ

簡単 バストアップ♪トマト納豆さっぱりしていて納豆嫌いでも食べられるバストアップでダイエット☆ササミおろしバストアップでダイエット☆レシピシリーズ♪ダイエット中だからこそ蛋白質をしっかりとってバストを減らさないようにしましょうね!バストアップでダイエット☆糸コン焼きソバ全部食べても約200キロカロリ...

≫続きを読む

バストアップに良い大豆食品の大量摂取は逆効果

美容や健康に良いといわれているイメージが強い大豆製品。これに含まれるイソフラボンが女性ホルモンに似た働きをすると言われることから、バストアップの為に摂取している女性が多いでしょう。しかし、過剰に摂取しすぎてしまうとホルモンバランスが崩れて乳がんや子宮内膜症、不妊症を引き起こすリスクが高まるとも言われ...

≫続きを読む