アルコールはカフェイン同様、摂取は避けたほうが良い飲み物です。女性ホルモンとの相性は悪く、アルコールは肝臓で浄化されますが、女性ホルモンは肝臓の働きを低下させます。

アルコールとバストアップA

バストアップの努力をするにあたって、

 

体内に入れる食品には注意が必要です。

 

食べる飲むといった生活習慣をバストアップ用に

 

少し改善するだけで、効果が見えて

 

くることもあります。

 

飲食は毎日のことなので、ある程度自分でルールを

 

作り、それを実践していくのが良いと思います。

 

バストアップに良くないとされているのは『炭水化物と脂質の取りすぎ』と

 

『添加物の摂取』です。

 

炭水化とたんぱく質はエネルギーとなる栄養素なので、まったく摂取しないということは

 

難しいですが、例えば夜は取らないとか、少なめにするという工夫があるといいですね。

 

そして添加物ですが、これはレトルト品などを出来るだけ避けた方が良いということです。

 

そして、アルコールですが、これはカフェイン同様、摂取は避けたほうが良い飲み物です。

 

まずアルコールと女性ホルモンの相性は悪く、アルコールは肝臓で浄化されますが、

 

女性ホルモンは肝臓の働きを低下させます。

 

そのため普段のめる人でも女性ホルモンを増加させようと努力しているときは、

 

アルコールは控えたほうが良さそうです。

 

また、アルコールは成長ホルモンの働きを鈍らせるともいわれています。

 

決行がよくなる、なども良い点もありますが、総合するとやはりバストアップ中は

 

アルコールはあまり飲まないほうが良さそうですね。

 

ただ、禁止にしてしまうと、日常飲んでいる人はストレスになってしまう可能性が

 

あるので、あまり頻度が多くなければ良いでしょう。

アルコールとバストアップA関連ページ

バストアップに効く8つの栄養素
バストアップとは手術以外は効果がすぐ出るわけでなく日々の正しいケアが大切となります。 バストはいわば脂肪のかたまりですから、食べ物、女性ホルモンの分泌など色々な要素が重なって バストアップできるものです。ここではいくつかの方法を記載しておきました。
激辛料理とバストアップ
激辛料理が好きで、食べても食べても太らないという方は、バストアップが難しくなるかもしれないです。
カフェインとバストアップ@
カフェインの摂り過ぎはバストアップの妨げになります。集中的にバストアップをしようとしている時期にはカフェインを避けておいた方が効果的とは言えます。
カフェインとバストアップA
カフェインは脂肪を分解する作用があります。バストの90%は脂肪です。カフェインの過剰な摂取は胸の発育を妨げる影響があります。
アルコールとバストアップ@
バストアップ時にアルコールはあまりよくありません。なぜならバストアップには欠かせない女性ホルモンが、肝臓の働きを抑えてしまいます。 アルコールを摂取したとき、普段はお酒に強い方でも、体調を崩してしまいます。
甘いものとバストアップ@
甘いものがバストアップによくないと言われています。甘いものは女性ホルモンの分泌を妨げるからだと言われていますが、真偽のほどははっきりとわかりません。
甘いものとバストアップA
アルコールやカフェインといった、バストアップに不向きな食品というものがありますが、甘いものもあまり良くありません。糖分の取りすぎは女性ホルモンの分泌の妨げになります。
バストアップ料理のレシピ
偏った食事はバストアップには大敵です。 常に意識を持ちながらタンパク質を中心にバランス良く摂りましょう。
バストアップに良い大豆食品の大量摂取は逆効果
偏った食事はバストアップには大敵です。 常に意識を持ちながらタンパク質を中心にバランス良く摂りましょう。