甘いものがバストアップによくないと言われています。甘いものは女性ホルモンの分泌を妨げるからだと言われていますが、真偽のほどははっきりとわかりません。

甘いものとバストアップ@

甘いものがバストアップによくないと

 

言われています。

 

甘いものは女性ホルモンの分泌を妨げる

 

からだと言われていますが、真偽のほどは

 

はっきりとわかりません。

 

ただ、白砂糖は体を冷やす働きがあります。

 

冷えは血行を悪くするのでバストアップの敵です。

 

また、卵巣の働きが悪くなるので、女性ホルモンの分泌にも影響が出ると考えられます。

 

そう考えると、甘い物はバストアップに妨げになりそうですね。

 

甘い物が欲しい時にはレーズンや乾燥果物などを利用するとよさそうです。

 

また、白砂糖よりは黒砂糖の方が体を冷やさないとはいわれています。

 

とはいえ、黒砂糖ならどれだけ摂取してもいいかとなると、そうとも言えません。

 

甘い物を食べ過ぎるとバストだけでなく、体全体に脂肪がつきます。

 

バストアップを目指している人は、スタイルをよくしたいのであって、太ってしまっては

 

何にもなりませんよね。

 

しかも、太ると血行が悪くなるため、女性ホルモンや栄養がバストに行き渡りにくくなります。

 

甘い物を食べてもバストアップにはつながらず、おなかや下半身など、必要のないところ

 

ばかりにお肉がついていくのが現実でしょう。

 

そう考えると、甘い物の食べ過ぎがバストアップにとっていいものとは言い難いですね。

 

胸を大きくしたいなら、太って痩せることを考えるより、胸だけを大きくするように、

 

マッサージやエクササイズに取り組んだ方がよさそうですね。

甘いものとバストアップ@関連ページ

バストアップに効く8つの栄養素
バストアップとは手術以外は効果がすぐ出るわけでなく日々の正しいケアが大切となります。 バストはいわば脂肪のかたまりですから、食べ物、女性ホルモンの分泌など色々な要素が重なって バストアップできるものです。ここではいくつかの方法を記載しておきました。
激辛料理とバストアップ
激辛料理が好きで、食べても食べても太らないという方は、バストアップが難しくなるかもしれないです。
カフェインとバストアップ@
カフェインの摂り過ぎはバストアップの妨げになります。集中的にバストアップをしようとしている時期にはカフェインを避けておいた方が効果的とは言えます。
カフェインとバストアップA
カフェインは脂肪を分解する作用があります。バストの90%は脂肪です。カフェインの過剰な摂取は胸の発育を妨げる影響があります。
アルコールとバストアップ@
バストアップ時にアルコールはあまりよくありません。なぜならバストアップには欠かせない女性ホルモンが、肝臓の働きを抑えてしまいます。 アルコールを摂取したとき、普段はお酒に強い方でも、体調を崩してしまいます。
アルコールとバストアップA
アルコールはカフェイン同様、摂取は避けたほうが良い飲み物です。女性ホルモンとの相性は悪く、アルコールは肝臓で浄化されますが、女性ホルモンは肝臓の働きを低下させます。
甘いものとバストアップA
アルコールやカフェインといった、バストアップに不向きな食品というものがありますが、甘いものもあまり良くありません。糖分の取りすぎは女性ホルモンの分泌の妨げになります。
バストアップ料理のレシピ
偏った食事はバストアップには大敵です。 常に意識を持ちながらタンパク質を中心にバランス良く摂りましょう。
バストアップに良い大豆食品の大量摂取は逆効果
偏った食事はバストアップには大敵です。 常に意識を持ちながらタンパク質を中心にバランス良く摂りましょう。