手術以外のバストアップ法を集めてみました。

バストアップに効く8つの栄養素

バストアップのために、体を動かしたり、刺激を与えたりすることも、もちろん必要です。

 

・マッサージ
・ストレッチ
・筋力トレーニング

 

などなど、検索するとたくさんの方法が出てきますよね。

 

しかし、ただ単にこれらの方法を実践しただけでは思うような効果は得られません。

 

これらにより効果を持たせるために必要になってくるのが、バストアップに効く

 

栄養素なのです。

 

バストアップに効く栄養素と聞いて、まず一番に思い浮かぶのが

 

大豆イソフラボンではないでしょうか。

 

イソフラボンが女性ホルモンのエストロゲンにとてもよく似た

 

働きをするため、乳腺組織を刺激し、良い影響を与えるためです。

 

他にもアミノ酸やタンパク質が有名ですが、実は、それ他にも

 

バストに良い栄養素があります。

 

次に挙げる栄養素を摂取して、バストアップを補いましょう。

 

 

バストアップに欠かせない8つの栄養素

 

【アミノ酸】

 

アミノ酸は、女性ホルモンの分泌が促進し、乳腺を発達させます。

 

また、アミノ酸は細胞の新陳代謝を促進し、血液の循環もよくするので、美容・健康ともに

 

プラスの作用があります。

 

 

【タンパク質】

 

タンパク質は、ホルモンの分泌を助けてくれます。

 

また、バストにハリを与えてくれる筋肉を作ってくれる栄養素です。

 

動物性タンパク質と植物性タンパク質があり、両方をバランスよく摂取する事が大切です。

 

 

【ミネラル】

 

体の機能を維持したり、調節する働きをしてくれます。

 

カルシウム、カリウム、マグネシウム、鉄、マンガン、セレン、銅、亜鉛、モリブデン、

 

クロム、ヨウ素、リン、ナトリウムを含めた13種類のミネラルが、特に体にとって

 

必要なミネラルと言われています。

 

 

【ビタミンA】

 

バストにハリと潤いを与え、皮膚や粘膜、髪を正常に保つ働きをします。

 

 

【ビタミンB6】

 

女性ホルモン(エストロゲン)の代謝を補助してくれる栄養素です。

 

マグロ・カツオ・サンマ・サバなどの魚類、牛や豚、鶏のレバーに多く含まれています。

 

 

【ビタミンB12】

 

タンパク質・脂肪・糖質などの代謝を補助し、乳腺の周りの脂肪をつけてくれる栄養素です。

 

しじみやアサリの貝類に多く含まれます。

 

 

【ビタミンC】

 

肌のハリを保ってくれたり、しみやしわを防ぐ働きがあります。

 

また、女性ホルモンの天敵であるストレスを和らげてくれる栄養素でもあります。

 

 

【ビタミンE】

 

肌のトラブルを防いだり、血行促進を補助してくれる栄養素です。

 

血行促進は冷え性などの症状にも効果的ですね。

 

上記の栄養素をバランス良く補給して、バストアップを目指しましょう。

 

ここでサプリメントに頼ろうと思ったら、ちょっと待って下さい。

 

栄養を摂取するという意味では食事もサプリメントも同じですが、

 

体への吸収率は異なるそうです。

 

食事の場合は、しっかりかんで食べるので体内に少しづつ入り、消化・分解され

 

腸からゆっくりと吸収されます。

 

一方でサプリメントは、特定の栄養素の塊が一度に体内に入るため、全てを

 

吸収出来ないと言われています。

 

栄養素は互いに作用し合うことで本来の働きをします。

 

特定の栄養を大量に摂取するのではなく、バランス良く摂取することが大切なのです。

 

まずはバランスの良い食事を心掛けましょう。

 

食卓を彩り豊かにすると、モチベーションも上がりますしね。

 

食事バランスも大切ですが、適切な睡眠は取っていますか?

 

バランスの良い食事を取り、体の内側からバストアップをサポートしても、睡眠不足では

 

それが台無しになってしまいます。

 

スポーツ選手もトレーニングを行う場合、適切な食事・栄養補給に加えて、栄養と同様に

 

休息・睡眠を取ることをとても大切にしています。

 

なぜかというと、充分な栄養を摂取しても充分な睡眠時間を取らないと、体の組織を

 

回復させるための時間が得られないからです。

 

バストアップにも、体の組織を回復させる時間はとても大切な意味を持つのです。

バストアップに効く8つの栄養素関連ページ

激辛料理とバストアップ
激辛料理が好きで、食べても食べても太らないという方は、バストアップが難しくなるかもしれないです。
カフェインとバストアップ@
カフェインの摂り過ぎはバストアップの妨げになります。集中的にバストアップをしようとしている時期にはカフェインを避けておいた方が効果的とは言えます。
カフェインとバストアップA
カフェインは脂肪を分解する作用があります。バストの90%は脂肪です。カフェインの過剰な摂取は胸の発育を妨げる影響があります。
アルコールとバストアップ@
バストアップ時にアルコールはあまりよくありません。なぜならバストアップには欠かせない女性ホルモンが、肝臓の働きを抑えてしまいます。 アルコールを摂取したとき、普段はお酒に強い方でも、体調を崩してしまいます。
アルコールとバストアップA
アルコールはカフェイン同様、摂取は避けたほうが良い飲み物です。女性ホルモンとの相性は悪く、アルコールは肝臓で浄化されますが、女性ホルモンは肝臓の働きを低下させます。
甘いものとバストアップ@
甘いものがバストアップによくないと言われています。甘いものは女性ホルモンの分泌を妨げるからだと言われていますが、真偽のほどははっきりとわかりません。
甘いものとバストアップA
アルコールやカフェインといった、バストアップに不向きな食品というものがありますが、甘いものもあまり良くありません。糖分の取りすぎは女性ホルモンの分泌の妨げになります。
バストアップ料理のレシピ
偏った食事はバストアップには大敵です。 常に意識を持ちながらタンパク質を中心にバランス良く摂りましょう。
バストアップに良い大豆食品の大量摂取は逆効果
偏った食事はバストアップには大敵です。 常に意識を持ちながらタンパク質を中心にバランス良く摂りましょう。