カフェインの摂り過ぎはバストアップの妨げになります。集中的にバストアップをしようとしている時期にはカフェインを避けておいた方が効果的とは言えます。

カフェインとバストアップ@

コーヒーやお茶を飲んでくつろぐひと時は、

 

一日のうちでもホッと一息つける大切な

 

時間ですよね。

 

でも! 実はカフェインの摂り過ぎは

 

バストアップの妨げになるって

 

ご存知ですか?

 

カフェインがバストアップによくない理由は大きく2つあります。

 

1つは、カフェインが睡眠を妨げる事。

 

飲む時間にもよると思いますが、特に夜飲む方は注意です。

 

カフェインが寝つきを悪くすることはご存知でしょう。

 

しかし、眠りについた後も、眠りが浅くなることはあまりしられていません。

 

バストアップに必要な成長ホルモンは、深い眠りについているとき(ノンレム睡眠時)に、

 

最も多く分泌されます。

 

眠りが浅くなると、バストアップに必要なホルモンの分泌に支障をきたすのですね。

 

もう1つに、カフェインは脂肪細胞を分解する作用があることがあげられます。

 

脂肪細胞を分解するというと、ダイエットには嬉しい朗報なのですが、バストアップには

 

ちょっとやっかいなのです。

 

なぜなら、バストの9割は脂肪でできているのですから。

 

カフェインがバストアップの妨げになるといわれている2つの説をあげましたが、

 

これは過剰摂取した場合の話です。

 

普段、朝や昼にカップ1〜2杯飲む分にはあまり影響はないでしょう。

 

しかし、集中的にバストアップをしようとしている時期にはカフェインを避けておいた方が

 

効果的とは言えます。

 

コーヒーは代替品がたくさん出ています。

 

紅茶や緑茶はまだ少ないですが、ルピシアなどから上質なものが出ていますね。

 

それら代替品でリフレッシュタイムを楽しみながら、バストアップしていきたいですね。

カフェインとバストアップ@関連ページ

バストアップに効く8つの栄養素
バストアップとは手術以外は効果がすぐ出るわけでなく日々の正しいケアが大切となります。 バストはいわば脂肪のかたまりですから、食べ物、女性ホルモンの分泌など色々な要素が重なって バストアップできるものです。ここではいくつかの方法を記載しておきました。
激辛料理とバストアップ
激辛料理が好きで、食べても食べても太らないという方は、バストアップが難しくなるかもしれないです。
カフェインとバストアップA
カフェインは脂肪を分解する作用があります。バストの90%は脂肪です。カフェインの過剰な摂取は胸の発育を妨げる影響があります。
アルコールとバストアップ@
バストアップ時にアルコールはあまりよくありません。なぜならバストアップには欠かせない女性ホルモンが、肝臓の働きを抑えてしまいます。 アルコールを摂取したとき、普段はお酒に強い方でも、体調を崩してしまいます。
アルコールとバストアップA
アルコールはカフェイン同様、摂取は避けたほうが良い飲み物です。女性ホルモンとの相性は悪く、アルコールは肝臓で浄化されますが、女性ホルモンは肝臓の働きを低下させます。
甘いものとバストアップ@
甘いものがバストアップによくないと言われています。甘いものは女性ホルモンの分泌を妨げるからだと言われていますが、真偽のほどははっきりとわかりません。
甘いものとバストアップA
アルコールやカフェインといった、バストアップに不向きな食品というものがありますが、甘いものもあまり良くありません。糖分の取りすぎは女性ホルモンの分泌の妨げになります。
バストアップ料理のレシピ
偏った食事はバストアップには大敵です。 常に意識を持ちながらタンパク質を中心にバランス良く摂りましょう。
バストアップに良い大豆食品の大量摂取は逆効果
偏った食事はバストアップには大敵です。 常に意識を持ちながらタンパク質を中心にバランス良く摂りましょう。