カフェインは脂肪を分解する作用があります。バストの90%は脂肪です。カフェインの過剰な摂取は胸の発育を妨げる影響があります。

カフェインとバストアップA

バストアップは今日やった成果が明日

 

現れるわけではないので、時間を掛けて

 

丁寧に辛抱強く続ける必要があります。

 

たとえ成果が明確に見えても、それを

 

維持する努力を続けないといけないので、

 

終わりの無い戦いなのです。

 

いまの自分胸に満足している人でも、加齢による体の変化には逆らえません。

 

胸が柔らかくなり、下垂しやすくなるのは全ての人に言えることです。

 

違いがでるとしたら、それは生活習慣の違いから来ることである可能性がとても高いです。

 

生活習慣というのは、やはり衣食住ですが、『衣』は正しいサイズの下着をつける事などが

 

あげられます。

 

そして『住』ですがこれは睡眠をしっかり取ったり、ストレス解消をすることなどです。

 

そして『食』についてはバストアップのための色々な工夫ができます。

 

バストアップのためにはたんぱく質の摂取が不可欠となります。

 

なので、ダイエットのために肉を絶っていたりすると、当たりまえですが

 

胸のボリュームはでません。

 

むしろ胸元から痩せてしまうことになりかねません。

 

そして、たんぱく質のようにバストアップに必要な成分もあれば、バストアップを妨げる

 

ことになる成分もあります。

 

その成分の一つがカフェインです。

 

カフェインはコーヒーだけではなく、緑茶、紅茶などにも含まれています。

 

そしてこのカフェインは脂肪を分解する作用があるのです。

 

バストの90%は脂肪です。

 

カフェインの過剰な摂取は胸の発育を妨げる影響があります。

 

また、カフェインは睡眠を妨げます。

 

しっかり睡眠が取れないと成長ホルモンが正しく分泌されません。

 

成長ホルモンは深い睡眠のときに分泌されるため、眠りを妨げるカフェインの

 

悪影響といえるのです。

カフェインとバストアップA関連ページ

バストアップに効く8つの栄養素
バストアップとは手術以外は効果がすぐ出るわけでなく日々の正しいケアが大切となります。 バストはいわば脂肪のかたまりですから、食べ物、女性ホルモンの分泌など色々な要素が重なって バストアップできるものです。ここではいくつかの方法を記載しておきました。
激辛料理とバストアップ
激辛料理が好きで、食べても食べても太らないという方は、バストアップが難しくなるかもしれないです。
カフェインとバストアップ@
カフェインの摂り過ぎはバストアップの妨げになります。集中的にバストアップをしようとしている時期にはカフェインを避けておいた方が効果的とは言えます。
アルコールとバストアップ@
バストアップ時にアルコールはあまりよくありません。なぜならバストアップには欠かせない女性ホルモンが、肝臓の働きを抑えてしまいます。 アルコールを摂取したとき、普段はお酒に強い方でも、体調を崩してしまいます。
アルコールとバストアップA
アルコールはカフェイン同様、摂取は避けたほうが良い飲み物です。女性ホルモンとの相性は悪く、アルコールは肝臓で浄化されますが、女性ホルモンは肝臓の働きを低下させます。
甘いものとバストアップ@
甘いものがバストアップによくないと言われています。甘いものは女性ホルモンの分泌を妨げるからだと言われていますが、真偽のほどははっきりとわかりません。
甘いものとバストアップA
アルコールやカフェインといった、バストアップに不向きな食品というものがありますが、甘いものもあまり良くありません。糖分の取りすぎは女性ホルモンの分泌の妨げになります。
バストアップ料理のレシピ
偏った食事はバストアップには大敵です。 常に意識を持ちながらタンパク質を中心にバランス良く摂りましょう。
バストアップに良い大豆食品の大量摂取は逆効果
偏った食事はバストアップには大敵です。 常に意識を持ちながらタンパク質を中心にバランス良く摂りましょう。