バストアップの最終手段豊胸手術の安心性は?

豊胸手術

<img src=

 

豊胸手術には大きく分けてバッグ挿入法・脂肪注入法・ヒアルロン酸注入法の
3種類があります。

 

シリコンパッグ

シリコンのバッグを胸に埋め込む。
ただ乳癌の要因となる事や、仕上がりがボールのような不自然に
真ん丸な円形になることがデメリットとなっています。

 

脂肪注入

腹部など、自己体内から抽出した皮下脂肪を乳房に移植します。
この方法だと豊胸バッグがレントゲンに映らない為、近年注目されつつあります。
但し大量の脂肪注入は定着せずに石灰化壊死を生じ、硬結化、乳癌と誤診
されるなどの問題を生じる場合があります。
訴訟も多いために、その移植手技法、移植量に関しては議論されるところと
なっています。

 

ヒアルロン酸注入

ヒアルロン酸を注入して、形や大きさを整える。(プチ豊胸)
効果は一時的でヒアルロン酸が吸収されたら再注入を要することからプチ豊胸とよばれます。

 

 

代表的な豊胸手術コヒーシブシリコンについて

 

バストアップの方法のなかで、豊胸手術は最も効果の高い方法です。
豊胸手術にはバッグ挿入法があり、バッグ挿入法に用いられるバッグの中で、
世界的に普及しているシリコンバッグがあります。
そのシリコンバッグの一手法がコヒーシブシリコンといい、このバッグ挿入法は
大型のバストアップを求める人に人気がある方法です。
コヒーシブとは「硬く結合した」「拡散しない」という意味があります。

 

<img src=

 

コヒーシブシリコンは、自然なバストの形を作り出すことが出来るバストアップなので、
多くの女性が利用しています。

 

コヒーシブシリコンのメリット

バッグの破損が起こった場合でも内容物の拡散が起こりにくく、比較的安全性は高いと言えます。
他の方法(脂肪注入やヒアルロン酸注入など)に比べ、大きなバストアップが可能です。
また、体内に吸収されることが無いため、バストアップ効果の確実性も高いと言えます。

 

コヒーシブシリコンのデメリット・リスク

感触がやや硬めで、仰向けなど姿勢を変えたり、加齢に伴って身体が変化した場合でも
形状が維持されるため、不自然に見えることもあります。
他の方法(脂肪注入やヒアルロン酸注入など)に比べ、切開による傷跡が残るリスクがあります。

 

手術を受ける際には、事前に医師と自分が納得のいくまで相談をし、自分に最も相応しい
バッグを選択しましょう。
料金600,000円〜1,000,000円
ただ、カウンセリングなどは豊胸手術の費用に含まれていないクリニックがあり、
カウンセリングの際の豊胸手術の金額と豊胸手術後の費用が異なり、
手術が終わった後に法外な金額を請求されたという場合もありますので、豊胸手術は
高額な価格ですし、豊胸手術の前にしっかりと費用の確認をすることが大事です。